今さら聞けない!JavaのPlayフレームワークについて解説!

今さら聞けない!JavaのPlayフレームワークについて解説!

Javaには様々なフレームワークが存在しています。フレームワークを利用して開発することで、スムーズに開発ができるなどのメリットがあります。
フレームワークの種類は数多くあり、今回ご紹介するのはPlayフレームワークと呼ばれるものです。PlayフレームワークはJavaフレームワークの中でも特徴的なものであり、Javaで開発をするのであれば知っておきたいフレームワークの一つです。今回はJavaで理解しておきたいPlayフレームワークについて解説します。

そもそもJavaフレームワークとは

そもそもJavaフレームワークとはどのようなものでしょうか。Playフレームワークの概要を知る前にJavaフレームワークについて理解をしておかなければなりません。まずは基本的な知識について理解をしていきましょう。

フレームワークとは

フレームワークとは、アプリケーションを開発するために必要なプログラムをあらかじめ用意してあるものです。一般的なソフトウェア開発で必要な機能をあらかじめフレームワークとして用意しておき、これを利用して開発を進めます。あらかじめプログラミングがされでいますので、この部分を自分で開発しなくて良いメリットがあります。
例えばソフトウェア開発をするにあたりデータベースとのやり取りは必須でしょう。データベースに書き込みをする作業や取り出しをする作業に該当するソースコードを書かなくてはなりません。同じソースコードを何度も書くのは時間を無駄にしてしまいます。そのような無駄を排除するためにフレームワークの考え方があるのです。
フレームワークは一般的に利用されるプログラミングの集合体です。多くの人が利用する機能をあらかじめプログラミングしたものであると考えておきましょう。

フレームワークを利用するメリット

フレームワークを利用する大きなメリットは、開発が簡略化できることです。一般的な機能はフレームワークとして提供されていますので、プログラミングに必要な時間が少なくなります。また、多くの人が利用していることでテストも十分に行われていてこちらの工数を削減できます。総合的にプログラミング開発に必要な時間を短縮できることがメリットです。
また、フレームワークによっては最新の技術も取り入れています。自分で学習するにはコストが大きくなってしまいますが、フレームワークを利用することで最小限に抑えられるメリットもあります。

JavaフレームワークのPlayフレームワークとは?概要と歴史


引用元:https://www.playframework.com/

開発されているフレームワークの中でもPlayフレームワークとはどのようなものなのでしょうか。概要と歴史についてもご説明します。

Playフレームワークの概要

Playフレームワークの概要について理解しておきましょう。この点を理解しておかなければどのようなものが開発できるのか理解できません。また、フレームワークとしての特徴も見失ってしまいます。
さて、Playフレームワークの概要として知っておきたいことは、「Java」と「Scala」の2種類のプログラミング言語を利用して開発されているJavaフレームワークであるということです。JavaフレームワークといえばJavaだけで開発されているものが大半なのですが、 Playフレームワークは2つの言語で開発されています。
2つの言語で開発されているということもあり、Playフレームワークには「高速である」「堅牢である」との特徴があります。前者に関してはWeb開発に幅広く利用されているScalaの特徴です。スピードを重視したプログラミング言語ですので、Playフレームワークも高速な動作が魅力的です。また、Javaといえばプログラミング言語の中でも堅牢であることが知られています。こちらの特徴も反映されPlayフレームワークに関しても堅牢性が感じられる設計が採用されています。
なお、PlayフレームワークはRuby on RailsやDjangoの影響を強く受けていると言われています。そのため、JavaフレームワークでありながらJava EEを必要としない特徴も持っています。また、モジュラー構造が採用されていて、こちらに関しても前述したフレームワークの流れを汲んでいることが特徴です。

Playフレームワークの歴史

Playフレームワークは2008年に公開が開始されたJavaフレームワークです。このタイミングではJavaだけで開発されていたフレームワークであり、今のようにScalaが取り入れられたものではありませんでした。なお、この前にもPlayフレームワークの前進にあたるようなものが公開されていて、これを含めると2007年5月から公開されているJavaフレームワークです。
2012年3月にVer2.0がリリースされ、この段階でJavaだけではなくScalaも取り入れられるようになりました。現在利用されているPlayフレームワークはこの流れを汲んだものであり、Scalaを取り入れた段階で他のJavaフレームワークとは異なる歴史を歩むようになっています。

Playフレームワークで開発できるもの

Playフレームワークで開発できるものにはどのようなものがあるのでしょうか。様々なものを開発可能ですが、一例を挙げるとすれば以下のものです。

  • Webアプリケーション
  • バックエンドシステム

Javaフレームワークではあるものの、Web開発の言語の流れも汲んでいます。そのためフレームワーク全般的な用途としては、Web開発向けのものとなっています。Webアプリケーションを開発したり、Webの技術を利用したバックエンドシステムの開発が中心です。
フレームワークはあくまでもプログラムの集まりです。そのため使い方によってはこれら以外のアプリケーションを開発できます。ただ、フレームワークでの開発は向いているものともそうではないものがあります。Playフレームワークを利用するからこそ開発できるものという意味では、Webアプリケーションが中心だと言えます。

Playフレームワークを使うために身に着けておきたいスキル

Playフレームワークを利用するにあたり身につけておきたいスキルは以下のとおりです。

  • Java
  • Scala
  • フレームワーク

Javaフレームワークですので、Javaのスキルは必ず必要です。また、Playフレームワークでは言語にScalaも採用されています。そのため2種類のプログラミング言語に対するスキルがあることが望ましいです。基本的にはJavaのスキルがあれば利用できるようにはなっていますが、さらに活用するためにScalaのスキルも身につけておきましょう。
他にもフレームワークを利用して開発しますので、フレームワークに関するスキルも必要です。難しい知識は必要ありませんが、フレームワークを利用した基本的な開発方法はスキルとして持っておかなければなりません。

JavaフレームワークにPlayフレームワークを採用する3つのメリット


Javaフレームワークには様々なものが存在しています。それぞれに特徴がありますので、特徴を理解して必要なものを選択しなければなりません。
それではPlayフレームワークを採用するメリットはどこにあるのでしょうか。いくつものメリットがありますが注目したい3つのメリットをご説明します。

アプリケーションの開発が容易

Playフレームワークの利用することによって、Javaのアプリケーションが開発しやすくなります。特にWebアプリケーションが開発しやすくなることがメリットです。
フレームワークを利用しない場合でも全てを自力で開発することは可能です。時間さえかければJavaでWEBアプリケーションの開発はできます。しかし、これは効率的な開発だとは言えません。スピードが重要視されている時代ですので、短時間での開発を支援してくれるPlayフレームワークは開発を容易にしてくれたことが一番のメリットです。
また、Javaだけでは開発しにくいアプリケーションに関しても、Scalaの特徴を活かして開発しやすくしています。この点は他のJavaフレームワークには受けられないメリットです。Webアプリケーションを開発するために2種類のプログラミング言語の特徴が活かされています。それぞれの特徴を活かしあって、開発を簡略化している点もメリットです。

コンパイルが不要

Javaのフレームワークで一般的に必要とされるコンパイルが不要である点がメリットです。完全にコンパイルが必要ないというわけではありませんが、一般的にJavaの開発で時間がかかるとされるコンパイル作業を削減できます。
コンパイル作業があると、小規模な修正でもソフトウェアを作り直すために時間がかかります。フレームワークを利用して短時間で開発が進められても、コンパイルに時間がかかってしまいボトルネックになるのです。しかし、Playフレームワークを利用すればこの問題を最小限に抑えられます。Javaで開発するフレームワークでありながら、コンパイルの手間を最小限に抑えられることがメリットです。

最新の技術にも対応

最新の技術にも対応しているフレームワークであることがメリットです。
Playフレームワークは現在でも開発が進められているものです。その反面、Javaフレームワークの中には開発が終了してしまったものや開発速度が遅いものがあります。そのようなフレームワークは最新技術に対応していないことが大半です。つまり機能拡張をするためには自分で開発をしなければなりません。
開発が続けられているものであれば、最新の技術も順番に取り込まれます。一般的に利用されるものであると判断されれば、フレームワークの標準機能として開発されるのです。多少は開発されるまでに時間が必要になるかもしれませんが、最新の技術にも対応していくフレームワークであることはメリットです。

JavaフレームワークにPlayフレームワークを採用するデメリット

JavaフレームワークにPlayフレームワークを選択することにはデメリットもあります。上記でご紹介したようなメリットだけではないのです。どのようなデメリットがあるのかについてもご説明します。

Java初心者にはやや難しい

Javaで開発されているフレームワークの中でも、Playフレームワークは難易度が高いものです。複雑なJavaの知識などが求められています。そのためJavaの初心者が利用するには少々難しい点がデメリットです。
使い方に慣れれば初心者でも利用できるフレームワークです。どのようなフレームワークでも慣れるまでは使いこなせません。まずはフレームワークのルールなどを理解しなければならないのです。
Javaの知識さえ身についていれば、フレームワークの知識を身につけるだけです。それは間違いないのですが、Playフレームワークでは求められるレベルが高く、Java初心者にはやや難しいことがデメリットです。

日本語の資料がやや少ない

日本語の資料がやや少ない点もデメリットです。
最近はインターネットで検索するとPlayフレームワークに関する様々な情報が見つかります。日本語で書かれている記事なども見つかりますので、このデメリットは昔と比較すると小さくなっています。
しかし、公式的に提供されている情報という意味では他のフレームワークよりも少ない状況です。情報のソースにこだわるのであれば、日本語の資料が限られてしまう点がデメリットです。開発コミュニティもありますが、こちらも英語が中心となっています。
必要最低限の資料は日本語で提供されています。また、開発者のブログなどもありますので、非公式の情報であれば様々なものが提供されています。実際に開発をする点では大きなデメリットは感じないことでしょう。

JavaでWebアプリケーションを開発するならPlayフレームワークを知るべし

JavaでWEBアプリケーションを開発するのであれば、Playフレームワークは知っておかなければならないものです。注目されているフレームワークのひとつですので、今からでもその知識を身につけておきましょう。
ただ、通常のWebフレームワークとは異なる部分もあります。例えばプログラミング言語にはJavaだけではなくScalaも利用されています。複数のプログラミング言語を組み合わせた珍しいフレームワークとなっているのです。
また、少々難易度が高いJavaフレームワークでもあります。Javaを始めたばかりの初心者がPlayフレームワークを利用するのは難しいかもしれません。しかし、多少の壁はあるかもしれませんが、JavaでWEBアプリケーションを開発したいのであれば身につけたいフレームワークです。


登録フォームボタン
登録フォームボタン

admin