PHP案件の特徴と単価とは?需要、今後の将来性と合わせてチェック!

PHP案件の特徴と単価とは?需要、今後の将来性と合わせてチェック!

PHP案件の特徴と単価とは?需要、今後の将来性と合わせてチェック!

WEB用に設計されているPHPは、動的なWEBページを作るのに適しているプログラミング言語です。近年、動きのあるWEBページを好む企業が増加していることもあり、PHPエンジニアは多くの業界から必要とされています。

PHPは実績のある言語ですが、需要に比べて人材が不足しています。そのため、フリーランスエンジニアを頼りにしている案件が少なくありません。

初心者向けとも言われているPHPで、安定して収入を得ていくためにはどうすれば良いのでしょうか。今後、単価アップを望むことができるのでしょうか。

PHP案件の特徴と単価

PHPはHTMLにタグを埋め込むようにして書くことで、WEBページに動きをつけることができます。多くのWEBサービスでPHPが採用されているため、PHPでプログラミングができる人材は圧倒的に不足しています。詳細設計、開発の案件が多く、PHPエンジニアはしばらくの間、仕事に困ることはないでしょう。

実務経験3年程度の単価相場は50万円(年収600万円)程度です。経験を積むことで、単価の高い上流工程の案件受注を目指すことができます。マネジメント経験のある場合も優遇され、月単価100万円以上(年収1,200万円以上)も夢ではありません。

在宅勤務ができる案件はゼロではありませんが、非常に少ないと言えます。多くの人が関わる大規模プロジェクトでは、コミュニケーションをとりながら進めていくことが多いため、現在のところ在宅勤務は難しいでしょう。

小規模な開発の一部で、在宅勤務OKとしているPHP案件があります。単価は低めですが、クラウドソーシングサイトでも募集していることがあります。働き方を重視している方は調べてみると良いでしょう。

PHP案件に必要なスキル

近年、PHPエンジニアが求められるスキルは多様化しています。IT技術にはトレンドがあり、案件によって必要とされるスキルは様々です。そのため、フリーランスエンジニアは常にスキルアップをしていかなければいけません。

PHPは、開発を効率良く進めるためのフレームワークがたくさんあります。案件によって採用しているフレームワークは様々ですが、主要なフレームワークをマスターしておくと、PHPエンジニアとして仕事の幅を広げることができるでしょう。

PHPのフレームワークにもトレンドがあります。最近は「CakePHP」と「Laravel」のシェアが高くなっています。

「CakePHP」は、WEB開発を効率良く進めるために作られたフレームワークです。プロトタイピング型で、「O/Rマッピング」や「scaffolding機能」などの機能が用意されています。コードを1からゴリゴリ記述する必要がなく、簡単な操作で、開発を進めることができます。日本語に翻訳されたドキュメントも充実しているので、「CakePHP」の開発経験がない人は目を通しておくと良いでしょう。

「Laravel」は、「CakePHP」と同様、WEB開発を効率良く進めることができるフレームワークです。PHPに特化しており、データベースとの連携をスムーズにします。WEBアプリケーションのバックエンドの開発にも向いています。

PHPは、サーバサイドのプログラミング言語で、データベースを手軽に使うことができます。PHPの開発では、WEBサービスとデータベースを連携させることが多いので、データベース関連の技術力を高めておくことが推奨されます。

PHPと連携させるデータベースでは、「MySQL」が主流です。「MySQL」は管理ツールが充実しており、大規模プロジェクトにも向いています。フリーランスエンジニアは、「MySQL」を自在に使いこなせるぐらいにマスターしておきたいですね。

PHP案件の最近の動向

案件数が多く、需要も高いPHPエンジニアですが、勢いのある他言語に押され、年収の大幅アップは望めない傾向にあります。近年、WEBシステム開発にPHPではなく、「Ruby」など他のプログラミング言語を採用する企業が増えています。

「Ruby」は、日本で誕生したプログラミング言語で、1995年に一般公開されました。利便性と実用性の高さから、多くのエンジニアから支持を集めています。

「Ruby」エンジニアは、PHPをマスターしていることが多く、WEB開発のプロフェッショナルとして重宝されています。PHPエンジニアと比べて希少性も高いことから、PHPエンジニアよりも年収が高い傾向にあるのです。

とは言え、現在のところ、WEBシステムの多くにはPHPが採用されています。多くの実績があるため、安定した運用を望む企業はPHPを使った開発を望んでいます。新機能の追加や、新たなWEBシステムの開発など、多くの案件で、PHPエンジニアを必要としています。

また、多くの企業が自社のWEBページに動きを持たせたいと思っています。そのため動的なWEBページの開発に最適なPHPは、人気かつ需要の高いプログラミング言語の1つと言えるのです。フリーランスエンジニアは、多くの案件で必要とされ、安定した収入を望むことができます。

PHP案件の今後の需要と将来性

現在、WEBページのサーバサイドは、ほぼPHPで作成されていると言っても過言ではありません。多言語に圧倒的な差をつけて、PHPが高いシェアを誇っています。

しかし、ベテランエンジニアの中には、PHPを低く評価する人もいます。セキュリティに弱く、十分な対策が必要になる点や、アップデートの回数が多い点などがその理由です。コードが完全でなくても動いてしまう点も懸念されています。そのため、比較的新しいプログラミング言語「Ruby」などにその地位が脅かされはじめているのです。

PHPエンジニアが将来にわたって活躍するためには、大きく分けて2つの選択肢があります。

1つ目は、PHPの技術を磨き、一流のPHPエンジニアであり続けることです。セキュリティに弱いことが懸念されているのですから、高いセキュリティスキルを身につけていかなければいけません。頻度が高いアップデートについての対策を、事前に十分に考えておく必要もあるでしょう。効率的なシステム開発を進め、顧客から信頼されるエンジニアであり続けてるとともに、PHPのデメリットを補うスキルも磨き続けていくことが推奨されます。

2つ目の選択肢は、「Ruby」などの他言語を並行して勉強することです。PHPには多くの実績があるため、すぐに他言語に取って代わられることを考えにくいですが、シェアが低くなっていく可能性は否定できません。他のプログラミング言語を自在に操ることができると、仕事の幅が広がります。PHP以外にも使いこなせる技術があることは、フリーランスエンジニアとして大きな強みとなるでしょう。

まとめ

PHPは、WEB関連のシステムやWEBページの作成で圧倒的にシェアを誇っているため、PHPエンジニアはしばらくは安定した収入を望むことができます。しかし、「Ruby」をはじめとした他のプログラミング言語に、シェアを奪われつつあるのも事実です。

あなたはPHP一本に絞って、PHPのプロフェッショナルを目指しますか。それとも、他のプログラミング言語も学んで、柔軟性を持たせておきますか。

自分は将来どんなフリーランスエンジニアになりたいのか、どんな仕事が向いているのかなどを考えて、進みべき道を考えるようにすると良いでしょう。


登録フォームボタン
登録フォームボタン

admin