フリーランスのプログラマーの働き方・年収を解説!需要、今後の将来性と合わせてチェック!

フリーランスのプログラマーの働き方・年収を解説!需要、今後の将来性と合わせてチェック!

フリーランスプログラマーになりたいと考えている人は多いことでしょう。会社員として働くのではなく、フリーランスとして働くことで会社員として働くよりも収入が増える可能性があります。また、比較的自由に働きやすいなど働き方のメリットもあります。
ただ、これらは皆さんが勝手にイメージしている部分もあるでしょう。今回はフリーランスプログラマーとして働く場合に、どのような働き方があるのかをご紹介し、併せてフリーランスプログラマーとして働いた場合の年収などについてもご紹介します。

フリーランスプログラマーが採れる2つの働き方

フリーランスプログラマーの働き方として考えられるものは2種類です。

  • 在宅勤務
  • 顧客先常駐

まずはそれぞれの働き方がどのようなものであるのかを理解するようにしていきましょう。

在宅勤務

フリーランスプログラマーが目指す働き方として、在宅勤務が挙げられます。フリーランスになれば在宅勤務ができると考えてる人も多いでしょう。
在宅勤務はその名の通り自宅を事務所として仕事をするものです。フリーランスの場合は個別に事務所を抱えていないことが多いので、自宅兼事務所として作業をすることを指します。
在宅勤務は請負で仕事を受注することが基本です。そのため、自分の好きなタイミングで仕事ができることが特徴です。一般的に仕事といえば決まった時間に働かなければならないものですが、在宅勤務ができるプログラマーであればこの縛りから逃れられます。フリーランスプログラマーに人気のある働き方です。
これからのフリーランスプログラマーは在宅勤務を目指す人が多くなるでしょう。わざわざ出社しなくても在宅で対応できる開発案件が増えていくはずです。全ての案件が在宅で対応できるわけではありませんが、フリーランスで働くのであれば在宅勤務を目指す時代が来るでしょう。

顧客先での常駐勤務

現在の働き方で特に多いのが顧客先に常駐しての開発支援です。自分の事務所などで働くのではなく、顧客先に出勤をして働くものです。出勤する時間などは多少融通が利くこともありますが、出勤をしなければならないという点では会社員と大きく差はありません。フリーランスで働くメリットはやや薄れてしまう働き方です。
フリーランスプログラマーが増えてきてはいますが、まだ発注する側は会社で働いてほしいと考えている傾向にあります。そのため、在宅勤務よりも常駐案件が多いのが現状です。ただ、発注側との信頼関係が築けると在宅勤務に切り替えられることもあります。常駐での案件が中心となっていますが、徐々に在宅勤務へと働き方を変えられることが理想的です。

フリーランスのプログラマー働き方について考えるポイント


上記で説明したとおりフリーランスプログラマーは在宅勤務か常駐勤務での案件が大半です。契約としては準委任契約か請負契約のどちらかになるでしょう。どちらの働き方にもメリットやデメリットがあります。
それではフリーランスプログラマーが働き方を考えるにあたり注目するべき部分はどこにあるのでしょうか。ポイントとなることをご説明します。

ライフワークバランス

フリーランスプログラマーが働き方を考えるにあたり重要なポイントはライフワークバランスです。
最近はこの言葉が注目されていて、仕事と私生活のバランスを取ることが重要視されています。長時間仕事をして私生活を圧迫しないように働きたいと考えているのです。フリーランスプログラマーだけではなく、働く人全般に注目されている考え方です。
フリーランスプログラマーであれば、比較的自由に働き方が選べることがメリットです。在宅勤務で私生活を重要視した働き方をするのも良いでしょう。ある程度は仕事に時間を取らなければなりませんが、私生活を重要視した働き方ができます。逆に顧客先に常駐して会社員のように働くのも良いでしょう。仕事と私生活のオンオフがはっきりしますので、気持ちよく働けます。

収入のサイクル

収入のサイクルも働き方を選ぶポイントです。毎月の生活を左右する部分です。
在宅勤務は仕事と生活のバランスという意味ではメリットの大きいものです。フリーランスプログラマーにおすすめの働き方ではあります。ただ、在宅勤務は請負での仕事が多くなっています。請負の仕事は数ヶ月単位での契約となることもあり、収入のサイクルが長引いてしまう可能性があります。ある程度お金に余裕を持っていなければ、生活に困ってしまう可能性があるのです。メリットの多い働き方ではありますが、フリーランスプログラマーになってすぐの状態では難しいかもしれません。
顧客先常駐の働き方であれば、1ヶ月単位での契約が多くなっています。請負契約よりも収入のサイクルが短くなるのです。そのため、フリーランスプログラマーであっても毎月の収入が安定しやすいメリットがあります。働き方によって収入のサイクルが左右される点は重要視しておかなければなりません。

自分に合った働き方ができるのがフリーランスプログラマー

人によって在宅勤務が良いか常駐勤務が良いかは異なります。自宅で家事などをしながらプログラマーをしたいのであれば在宅勤務が適切でしょう。逆に仕事は仕事として割り切りたいのであれば、常駐勤務の方が良いでしょう。
フリーランスプログラマーの魅力という観点では在宅勤務に軍配が上がります。会社員には難しい働き方であるからです。とはいえども、全てのフリーランスプログラマーに在宅勤務か適しているとは限りません。
重要なことはフリーランスプログラマーとなり働き方の自由を手に入れたタイミングで適切な働き方を見つけることです。ワークライフバランスをよく考え、どのように活躍するのが良いのかを検討しなければならないのです。

働き方別のフリーランスプログラマーの年収

フリーランスプログラマーは働き方によって年収の差が出るのでしょうか。どの程度の収入が得られるのかは、フリーランスに転身する前に知りたいことの一つでしょう。以下ではフリーランスプログラマーの働き方を分類して、どの程度の年収が得られるかをご紹介します。

在宅勤務中心

在宅勤務が中心のフリーランスプログラマーは中小規模の開発を受注します。一人で開発できる範囲内でのプログラミングが主な案件です。
中小規模の開発となりますので、案件の単価は少額になる傾向があります。会社員として働くよりは高い単価で受注できますが、高単価の案件は規模を踏まえると受注できないことがあります。これは一人で働くフリーランスプログラマーの限界とも言える部分です。中小規模の案件を中心に受注することで、年収は500万円から800万円が相場です。
ただ、フリーランスプログラマーの中には高いスキルを持つ人います。このような人は在宅勤務の案件であっても、年収1000万円を超えるような人がいます。このクラスに達している人は限られていますが、在宅勤務でも年収が伸ばせないということはありません。

顧客先常駐中心

顧客先に常駐するフリーランスプログラマーは、スキルに応じて様々な案件を受注します。簡単な案件を受注することもありますし高難易度の案件を受注することもあります。
様々な案件を受注できる働き方ですので、案件の単価も上下する傾向にあります。難易度によって1ヶ月あたりの単価は50万円程度から150万円以上にもなります。専門的な知識が問われる高難易度の案件では単価が100万円以上になることが多々あります。顧客先常駐が中心のフリーランスプログラマーであれば、年収は600万円から1500万円程度と大きな差が出ると考えて良いでしょう。
難易度の高い案件にも参画できるのは、顧客先に常駐できるからこそのメリットとも言える部分です。フリーランスプログラマー単体では、なかなかこのような案件には参画できません。複数のプログラマーが集まって開発する仕事だからこそ高単価に出会える可能性があるのです。
もちろん顧客先に常駐する案件が全て高単価というわけではありません。案件によっては会社員並みの年収になってしまうこともあります。働き方の選び方で完全に年収が決まると考えて良いわけでも無いのです。

フリーランスで働くプログラマーの将来性


フリーランスで働くプログラマーの将来性はどのようなものなのでしょうか。これからフリーランスとして働きたいと考えているプログラマはこの点が気になることでしょう。以下ではフリーランスプログラマーの将来性について考察します。

フリーランスも含めプログラマーの需要は高い

現在はプログラマーが不足していると言われています。そのためフリーランスも含めプログラマーの需要は高い状況です。これからフリーランスのプログラマーとして活躍したい人は、活躍できるチャンスがあると考えてよいでしょう。
プログラマーも新しい技術への対応が求められています。例としては新しいプログラミング言語への対応であったり、新しいフレームワークへの対応などです。このような変化する時代に対応できるプログラマーであれば、さらに高い需要にも応えられるようになるでしょう。
プログラマーが全般的に不足していることは間違いありません。フリーランスかどうかを問わず、人手不足により需要が高いと考えておいて良いでしょう。
なお、このような状況だからこそフリーランスプログラマーは仕事を獲得しやすくなっています。比較的自由に動けますので、スポットで対応する案件などにも対応できるからです。プログラマーの需要が高い中で、自由に動けるフリーランスプログラマーは立場的に有利だと考えられます。

プログラマーはフリーランスでも競争が待っている

現在はフリーランスで活躍するプログラマーが需要に応えやすい状況です。スキルさえあれば様々な仕事が受注できるとも言えます。しかし、これからはフリーランスも含めて競争が激化すると考えられます。
理由は様々ありますが最初に挙げられるものはノンプログラミングでも開発ができるようになっていることです。以前はプログラミングの知識がなければ開発はできませんでした。そのためプログラムを開発するための仕事としてプログラマーの仕事内容が確立されていました。しかし、最近ではプログラミングをしなくても開発ができるノンプログラミングが提供されています。プログラマーが開発するものと比較すると品質面では劣ってしまいますが、最低限の開発はプログラマーではなくてもできるようになってきています。基本的な開発しかできないプログラマーは役目を失ってしまう可能性があります。
他にも高いスキルを持っているのが当たり前になることも考えられます。今では高いスキルを持つ人は優遇されますが、なかなか差別化できなくなる可能性があります。プログラマーはスキルを持っているのが当たり前であり、コスト面での勝負となる可能性も秘めています。そうなると低価格で受注できるかどうかの競争に突入してしまいます。

高いスキルを保有できるかどうかが鍵

フリーランスプログラマーの将来性を考えるにあたり、重要なことは高いスキルを保有しているかどうかです。プログラマーですのでスキルさえあれば多くの仕事を受注できるチャンスがあります。
逆にスキルが不足している場合、受注できる案件に限界があります。同じようなスキルのプログラマーの中で低レベルな争いが起こってしまう可能性もあります。低価格で仕事を受注できるかどうかが鍵となり、単なる消耗戦に突入してしまうことが考えられます。
フリーランスプログラマーでスキルがなければ競争から脱落することは言うまでもありません。競争の激化に備えるためにも、とにかくスキルアップできることを意識するようにしましょう。

フリーランスプログラマーの働き方まとめ

フリーランスプログラマーの取り方として考えられるのは、「在宅勤務」か「顧客先常駐」です。会社員ではなくフリーランスとして働く魅力という意味では、在宅勤務が選択できると理想的です。
ただ、フリーランスであるから在宅勤務が必須というわけではありません。ワークライフバランスや収入のサイクルを踏まえて考えなければならない部分もあります。
また、働き方によって年収も左右されます。もちろんスキルに左右される部分もありますが、働き方が左右する部分もあるのです。
フリーランスの働き方として在宅勤務が魅力的であるのは間違いありません。プログラマーは在宅勤務ができる職種ですので、希望することは間違いではありません。しかし、注意点もあります。総合的な観点から働き方を考えなければなりません。


登録フォームボタン
登録フォームボタン

admin