プロジェクトマネージャの役割とは?仕事内容・スキルを解説!

プロジェクトマネージャの役割とは?仕事内容・スキルを解説!

システム開発などを進めるにあたり、必要となってくる人材にプロジェクトマネージャーがあります。必ずしも独立したプロジェクトマネージャーがいるわけではありませんが、専任であるかどうかを問わず大半のプロジェクトにプロジェクトマネージャーはいます。
それではこのプロジェクトマネージャーとはどのような役割を持った人物なのでしょうか。どのような仕事をこなし、どのようなスキルが問われているのでしょうか。今回はプロジェクトマネージャーについて詳しくご説明をします。

プロジェクトマネージャが果たす3つの役割

プロジェクトマネージャーとは、プロジェクトを適切に推進するために任命された人のことを指しています。プロジェクトを総合的に任される人であり、プロジェクトの計画から実行完了まで全ての責任を負う人です。以下では具体的にどのような役割があるのかをご説明します。

プロジェクトを完遂する

プロジェクトマネージャーの一番の役割は、任せられたプロジェクトを完遂することです。プロジェクトが途中で頓挫しないように、管理しながら推進することが大きな役割です。
基本的にどのような物事も管理者がいなければスムーズには進みません。プロジェクトもプロジェクトマネージャーという管理者がいなければスムーズに進まないのです。スムーズに進まないだけではなく、途中で頓挫して失敗してしまう可能性すらあるのです。
プロジェクトマネージャーはそのようなことを引き起こさないために設けられているポジションです。プロジェクトで問題を発生させることなく完遂することが大きな役割です。

リスクを最小限に抑える

リスクを最小限に抑えることもプロジェクトマネージャーの役割です。プロジェクトには多くのリスクがありますので、それらが大きくならないように管理しなければなりません。
どのようなプロジェクトにおいてもリスクが全くないことはありません。例えば予算や期間に関するリスクは多少なりとも必ず存在しています。プロジェクトの推進にリスクはつきものなのです。
プロジェクトのリスクを放置することは、後々大きなトラブルになる可能性を残すということです。プロジェクトが進むほどリスクの影響は大きくなりますので、そうならないために先手を打つのもプロジェクトマネージャーの役割です。

幅広い知識を持ちメンバーとクライアントをつなぐ

プロジェクトマネージャーにはメンバーとクライアントをつなぐ役割もあります。
プロジェクトの規模にも左右されるものの、プロジェクトメンバーは全員がクライアントと共に仕事をするわけでもありません。社内だけで仕事をしており、クライアントからは顔の見えないメンバーもいるものです。
ただ、仕事をするにあたりクライアントと連携をしなければならない部分もあります。そのような時はクライアントと共に仕事のする機会の多いプロジェクトマネージャーが情報連携をしなければならないのです。
もちろん実際に説明をするのがプロジェクトマネージャーではない場合もあります。プロジェクトマネージャーが同席の上、メンバーの中でもリーダー相当の人が説明をすることもあります。そのようなケースもありますが、メンバーとクライアントをつなぐ役割を果たすことは間違いありません。

具体的なプロジェクトマネージャーの仕事内容


具体的にプロジェクトマネージャーはどのような仕事をしているのでしょうか。プロジェクトマネージャーの仕事内容は多岐にわたっています。以下では特に注目しておきたい仕事内容についてご説明をします。

クライアントとの情報共有

クライアントとスムーズな情報を提供することが仕事内容の一つです。
プロジェクトの進め方にも左右されるものの、情報のやり取りはプロジェクトマネージャーを経由することもあります。特にお金の話などプロジェクトに大きな影響を与えることは、プロジェクトマネージャーを経由するものです。
また、クライアントから何かしら重要な物事を伝えられる場合は、プロジェクトマネージャーを経由することが多くあります。情報を伝えられることも伝えることもプロジェクトマネージャーの仕事内容です。

作業の計画

適切に作業を計画することもプロジェクトマネージャーの仕事内容です。
プロジェクトは事前に引かれたタイムラインに沿って推進されるものです。このタイムラインは細かい作業の集まりであり、言い換えると計画された作業が羅列されたものです。この計画はプロジェクトの中心となるものですので、プロジェクトマネージャーが適切に作らなければなりません。
もちろんプロジェクトマネージャーだけで全ての計画が作れるわけではありません。細かな計画についてはプロジェクトメンバーが出すものでしょう。見積もられた計画をもとに、プロジェクトマネージャーは全体の計画を作成します。
作業としては提出された作業計画の集約を作ることになるかもしれません。ただ、それがプロジェクト全体の期間などを踏まえ、適切な計画として完成させることが仕事です。

プロジェクト管理

プロジェクトがスタートしてからのプロジェクト管理も大きな仕事内容です。多くの人がプロジェクトマネージャーといえばこちらの仕事を思い浮かべることでしょう。
プロジェクトの管理は様々な観点があります。みなさんがイメージするのは期間的なものでしょう。プロジェクトを遅延なく進めるために、プロジェクトマネージャーは努力しなければなりません。
他にもプロジェクトに関係する人材の管理も必要です。人材が不足していれば新しく用意をしなければなりません。また、余っているのであれば無駄なコストを発生させないように調節をしなければなりません。
管理はプロジェクトの最初から最後までつきまとう仕事内容です。あくまでもプロジェクト管理を中心に仕事があると考えてよいでしょう。

各種レビュー

ドキュメントなどのレビューも仕事内容です。場合によってはドキュメントの最終レビュー者となり、納品物に責任を持たなければならないこともあります。
プロジェクトマネージャーがレビューしなければならないものは様々あります。例えば上記のように顧客提出のドキュメントレビューをしなければなりません。他にも追加で見積もりが必要な場合には、見積もりレビューもしなければならないことがあります。他にも新しい人材をプロジェクトに参加させる時に、レビューのような面談をしなければならないこともあります。
レビューをするということは、問題点などを適切に指摘できなければならないということです。内容に誤りが無いように、レビューをして責任を持つことが仕事内容です。

プロジェクトマネージャーに求められるスキル

プロジェクトマネージャーは様々なスキルが求められています。仕事内容が多いものですので、必然的に求められるスキルも多くなってしまうのです。以下では多種多様なスキルが求められるプロジェクトマネージャーが、最低限どのようなスキルを身につけておきたいのかご紹介します。

コミュニケーションスキル

プロジェクトマネージャーが特に重要視しなければならないのはコミュニケーションスキルです。プロジェクトマネージャーは顧客やプロジェクトメンバーと様々な意識合わせをしなければなりません。コミュニケーションスキルが不足していると、スムーズなプロジェクト運営ができなくなってしまいます。

開発スキル

開発スキルも有している方が良いでしょう。プロジェクトマネジメントに徹するのであれば必須のスキルではありませんが、開発経験を有しているに越したことはありません。
プロジェクトマネージャーが開発スキルを有していることで、開発工数の見積もりなどを精査しやすくなります。プロジェクトは当初の目的を達成するために、途中で何かしらの方針転換が発生することがあります。方針転換が発生したことで、新しく開発が発生してしまうことも多々あります。
そのような時は開発工数を見積もり費用やスケジュールを調節しなければなりません。ここを適切に管理するのもプロジェクトマネージャーの仕事です。
ただ、この時に開発スキルがなければ見積もりの精査やスケジュールの調節で失敗してしまう可能性があります。そのようにならないためにもプロジェクトマネージャーは開発スキルを持っておくべきなのです。
ただ、実際にソースコードが記述できるなど、現場で求められるようなスキルは必要ないでしょう。あくまでも開発経験があり、それを踏まえたスキルを持っていることが重要です。

管理スキル

プロジェクトに関連する物事全てを管理するスキルも必要です。管理する対象は幅広くあり、スケジュールはもちろんのことリソース管理やコスト管理なども求められています。全体的な管理をしなければならないのです。
ここでは管理スキルとひとまとめにしているもの、管理する対象によって細かなスキルは異なっています。例えばスケジュールの管理では予実管理を適切に進めるスキルが必要です。リソース管理ではプロジェクトメンバーの契約期間や空き状況、プロジェクトルームの契約などを管理するスキルが必要です。コスト管理であれば、現在消化しているコストと見積もりコストの差分を常に意識しなければなりません。
管理する対象によりスキルが異なりますが、プロジェクトマネージャーである以上全てを管理しなければなりません。幅広い対象を管理できるだけのスキルが必要です。

提案・交渉スキル

提案や交渉に関するスキルも必要です。交渉に関連するスキルは特に重要であると考えましょう。
提案スキルはプロジェクト側からクライアントに対して何かしら提案するものです。例えばスケジュールが遅延することを見越し、プロジェクトの進め方を変更するなどです。当初のスケジュールを変更し、遅延なくプロジェクトを進められるような提案が挙げられます。
プロジェクトマネージャー側から何かしらの提案がなければ、クライアントはスムーズに物事が進んでいると判断します。後からトラブルを生まないように、状況の整理と代替案を提案するスキルが必要です。
また、クライアントとの交渉スキルも必要です。例えばクライアントが無理な要望をしてきた際に、折衷案を求めるような交渉です。
プロジェクトマネージャーが適切に交渉できなければ、プロジェクトメンバーに無理を強いることになります。結果、プロジェクトメンバーが退職してしまうなど、プロジェクトがどんどん崩壊へと向かってしまうこともあります。
プロジェクトマネージャーはクライアントの考えを汲み取らなければなりません。しかし、プロジェクトメンバーの考えを汲み取り、顧客と交渉することもしなければならないのです。

プロジェクトマネージャーとしてスキルアップする方法


皆さんがプロジェクトマネージャーとしてスキルアップするためにはどうすれば良いのでしょうか。上記でご紹介したプロジェクトマネージャーの特徴から、スキルアップする方法についてご説明します。

プロジェクトを俯瞰的に見る

プロジェクトを俯瞰的に見るということがプロジェクトマネージャーには必要です。これができることによって大きくスキルアップができます。
言うまでもなくプロジェクトマネージャーはプロジェクト全体に対して責任を負います。つまり、一部分だけを管理すれば良いのではなく、プロジェクト全体の管理ができなければなりません。一部しか物事を見られないようなプロジェクトマネージャーは、プロジェクトマネージャー失格であると言えるでしょう。
プロジェクトマネージャーに求められているのは、常にプロジェクトの全体を見渡し俯瞰的に管理することです。プロジェクトのすべてにおいて成功に導かなければならないのです。
人によっては一つのことにとらわれてなかなか他のことに手が回らないことがあるでしょう。ただ、このようなことが起こってしまうと、プロジェクトマネージャーに求められている役割がこなせません。プロジェクトマネージャーとしてスキルアップしたいのであれば、一つのことにとらわれず物事を俯瞰的に捉えられるように意識をしましょう。

変化に柔軟に対応できるようにする

変化に対して柔軟に対応できるようになることも必要です。プロジェクトは当初の目的を達成することが重要ですが、場合によっては臨機応変に柔軟な対応も求められます。
例えばプロジェクトの完了期日は絶対的なものであり、それを守るためにプロジェクトマネージャーは管理をしなければなりません。しかし、場合によっては完了期日を伸ばさざるを得ないこともあります。現在のようにコロナウイルスが警戒されている状態では、予定通りにプロジェクトを進められないことも考えられます。
上記は一例ではありますが、プロジェクトのスコープや期間、費用などもプロジェクトの途中で変化する可能はあります。変化してしまったものは仕方がありませんので、プロジェクトマネージャーはそれに柔軟な対応ができなければなりません。
変化に対応できなければ、結果としてプロジェクトはスムーズに進みません。つまり、プロジェクトマネージャーの役割を果たせなくなってしまいます。そのようにならないためにも、変化してしまったものを受け止めそれに柔軟に対応することを意識しなければなりません。

クライアント目線を持つ

クライアント目線を持てるようになることもプロジェクトマネージャーとしてスキルアップするのに必要です。
プロジェクトの推進においてクライアント目線を持つことは重要です。クライアントが何を考えているのかを理解し、それをスムーズに汲み取らなければなりません。また、その内容をプロジェクトに反映し、新しい条件下でプロジェクトをスムーズに推進しなければならないのです。
クライアント目線で物事を考え、要望を汲み取ることでクライアントからの信頼を獲得できることはあります。信頼を獲得できていれば、様々な交渉も上手く進むことが多く、トータル的なメリットを生み出すこともあります。
しかし注意しなければならないこともあります。それはクライアント目線で物事を考えすぎることで、プロジェクトマネジメントに影響が出てしまうことです。クライアント目線で考えることは重要であるものの、時にはプロジェクトのためにNoが言えなければなりません。その点のバランス感覚は難しいものですが、まずはクライアント目線で物事を考えられるようにならなければなりません。

プロジェクトマネージャは幅広い仕事に対応

プロジェクトマネージャーはプロジェクト全体に責任を持ち、さまざまな役割を果たさなければなりません。プロジェクトを成功させるために非常に重要なポジションです。
そのようなポジションですので、プロジェクトマネージャーがやらなければならないことは多岐に渡ります。様々なことをこなすポジションであり、それ相応のスキルも求められるのです。
何か一つに特化した人材であればプロジェクトマネージャーになれるわけではありません。広い知識とスキルが必要とされています。


登録フォームボタン
登録フォームボタン

admin