フリーランスUI/UXデザイナーの将来性|年収相場や案件動向を解説

フリーランスUI/UXデザイナーの将来性|年収相場や案件動向を解説

最近はフリーランスで働く人が増えています。そのため、UI/UXを扱うデザイナーであるUI/UXデザイナーとしてフリーランスを目指す人も多く見かけられます。

フリーランスでUI/UXデザインを担当するフリーランスUI/UXデザイナーは、少々前から増えてきている働き方です。フリーランスエンジニアの増加とともに、フリーランスUI/UXデザイナーも増加する傾向が見られたのです。このフリーランスUI/UXデザイナーは現在でも良い働き方なのでしょうか。フリーランスUI/UXデザイナーの年収相場や案件動向を踏まえて将来性についてご説明します。

フリーランスUI/UXデザイナーとは

まずはフリーランスUI/UXデザイナーとはどのような働き方であるのかを理解しておきましょう。 仕事内容とフリーランスになるとどのような働き方をするのかについてご説明します。

UI/UXデザイナーの定義

UI/UXデザイナーはWebデザインに関わるデザイナーの一種です。今までは「Webデザイナー」と一括りにされているケースが多くあったのですが、現在は業務内容によって細かく分類されるようになっています。その中にUI/UXデザイナーがあると考えてもらうと良いでしょう。

UI/UXデザイナーはさらにUIデザイナーとUXデザイナーに分類ができます。それぞれ担当する業務が異なりますが、最近はまとめて表現されるケースが多くなっています。

まず、UIデザイナーについてご説明します。UIとは「User Interface」を省略したもので、Webサイトの構成やボタンなどユーザーが実際に操作したり閲覧したりする部分を指します。つまり、UIデザイナーは、Webサイトのユーザーが目に見える部分全般の設計を担当し、Webサイトを快適に利用できるようなデザインを作るのが仕事です。

続いて、UXデザイナーについてもご説明します。UXとは「User Experience」を省略したもので、ユーザーがサービスや製品を利用して得た成功体験を指します。Webデザインの世界においてのみ利用される言葉ではなく、様々なサービスや製品において成功体験を指す言葉だと考えましょう。UXデザイナーはWebサイトを通じてユーザーに成功体験を与えられるように、理論的に考えられたデザインを作るのが仕事です。

フリーランスで活躍するUI/UXデザイナー

フリーランスで活動するUI/UXデザイナーとは、上記でご説明したようなUI/UXデザイナーの仕事をフリーで受け持っている人を指します。今まではデザイン事務所などが一括してUI/UXのデザインも担当していましたが、現在はスキルの高いフリーランスを利用する傾向があります。

ただ、フリーランスUI/UXデザイナーはUI/UXデザイナーとしてだけ働いているとは限らない状況ではあります。例えばUI/UXデザイナーとしての案件を担当しながら、Webサイトに必要な画像作成などをしている人がいます。UI/UXデザイナーとしての仕事とイラストレーターとしての仕事を並行して受注しているのです。

明確に数値で判断できる資料はありませんが、純粋にフリーランスUI/UXデザイナーとして働いているフリーランスは限られるかもしれません。以下ではフリーランスUI/UXデザイナーとしてだけ働いていることを前提としていますが、実際の現場では異なった働き方をしている人もいるはずです。

UI/UXデザイナーの年収相場や案件動向


まずは具体的にフリーランスUI/UXデザイナーの年収相場や案件動向について解説します。フリーランスUI/UXデザイナーの場合はこれらについて理解していなければ生活に大きな影響が出てしまいます。必ず最初に確認するようにしておきましょう。

UI/UXデザイナーの年収相場はデザイン系では高め

UI/UXデザイナーはWebデザインに関わる仕事の中では年収が高めに設定されています。Webデザインに関わる仕事はWebデザイナーだけではなくイラストレーターなども含まれますので、どうしても平均年収では下がってしまうのです。

例えば、Webデザインに関わるフリーランスの平均年収は大手求人サイトの情報を平均してみると「530万円」程度です。想像よりは高いかもしれませんが、フリーランスとしては決して高い年収ではなく、可処分所得で考えると会社員の年収530万円とは大きな違いがあります。

それに対してUI/UXデザイナーの平均は「700万円」程度です。Webデザイン全般の平均年収から考えると30%以上は高く、十分に高い年収が担保されていると考えられます。ただ、UI/UXデザイナーの案件によっては1年間働いても年収が500万円を切るものもあり、UI/UXデザイナーをしていると安定して高い年収が期待できるわけではありません。

なお、UI/UXデザイナーの年収が高くなる傾向にあるのは、それだけ専門的なスキルが求められるからです。Webデザインは「センス」で決定されていると考える人は一定数いると思われますが、実際には様々な理論が存在します。それらを適切に身に付けてWebデザインに反映させますので、そのスキルに対して高い単価が示されています。

UI/UXデザイナーの案件数は横ばいから減少傾向

純粋にUI/UXデザイナーとして公開されている案件数はここ数年で横ばいから減少傾向です。大きく案件数が増える状況ではなく、毎年安定した数の案件が公開されています。これは決して案件の総数が少ないわけではなく、常に安定した需要がある状況を指しています。

ただ、案件数は参照する求人サイトによっては、やや減少傾向が見受けられます。大きく減少しているわけではありませんが、1年前や2年前の90%程度しか求人数が存在しない状況です。フリーランスUI/UXデザイナー同士で案件を取り合うような激戦状態ではありませんが、案件数が減ってきていることは事実として理解しておくべきです。

このような状況にあるのは、後ほどご説明しますが「フロントエンドエンジニア」の需要が高まっているからです。UI/UXデザイナーと同じような仕事をするエンジニアが新しい職種として認識されるようになりましたので、UI/UXデザイナーの仕事もそちらの求人として扱われるようになったのです。フリーランスUI/UXデザイナーの需要が減ったわけではなく、現在は求人の出され方が少々変化してきています。

UI/UXデザイナーの将来性


フリーランスUI/UXデザイナーの年収相場や案件動向についてご説明しました。現状、フリーランスUI/UXデザイナーはどのような環境で働けるのかイメージしてもらえたでしょう。続いては現状を踏まえ、フリーランスUI/UXデザイナーはこれからどのような働き方になるのか将来性についてもご説明します。

UI/UX単体での活躍は難しくなる

結論として、フリーランスUI/UXデザイナーはUI/UX単体のスキルでは活躍が難しくなってしまいます。現在はフリーランスUIデザイナーとフリーランスUXデザイナーがそれぞれ独立した仕事となっていますが、将来的には難しくなってしまうでしょう。

先程もご説明したとおりフリーランスUI/UXデザイナーの案件数は横ばい程度で決して減っているわけではありません。案件数だけで見るとフリーランスUI/UXデザイナーは単体のスキルでも十分に活躍できそうな状況です。

ただ、最近はクライアントが予算を抑える傾向にあります。UIデザイナーとUXデザイナーで別々に依頼するのではなく、UI/UXデザイナーとして1人に依頼するようになっているのです。この影響を受けて、フリーランスは個別のスキルではなくフリーランスUI/UXデザイナーと両方のスキルが無ければ厳しくなってきています。

この傾向はこれからも続くと予想されます。何かしら傾向が変化する可能性はゼロではありませんが、これからはUI/UX単体での活躍は難しいと考えておくべきです。

数年後にはプラスアルファのスキルが必須に

現在もUI/UXデザイナーは、幅広いスキルを求められるようになっています。以前はUIかUXだけのスキルで問題ありませんでしたが、現在は両方のスキルが求められるケースが大半です。

とはいえ、まだUIやUXのスキルがあれば、それぞれのスキルだけで活躍できる状況です。特定のスキルで活動する場合、高いスキルが求められるようにはなりますが案件が獲得できない状況ではありません。

しかし、現在のトレンドではUIとUXは両方を支えるのが基本です。そのためこの状況を踏まえると、数年後には複数のスキルが身に付いていないと話にならないでしょう。今のようにUIやUXのスキルをどちらかだけ高めるのではなく、両方のスキルが高くなければならないのです。

そもそもUIとUXは異なる観点の考え方ではありますが、密接にかかわっているものでもあります。そのように考えると、一人で両方のスキルを扱えるようになるのは、当然の傾向と考えられます。

フロントエンドエンジニアへの転身も視野

現状、UI/UXのデザイナーとフロントエンドエンジニアの仕事内容は差が小さくなってきています。以前はそれぞれが独立して仕事をしていましたが、現在はフロントエンドエンジニアにUIやUXのスキルが求められるようになっています。

そのため将来性を考えるのであれば、UI/UXデザイナーにこだわらずフロントエンドエンジニアへの転身も一つの手段です。UI/UXデザイナーよりも対応する仕事量は多くなりますが、将来性は格段に明るくなると考えられます。

もちろん身に付けなければならないスキルが増えますので、簡単にフロントエンドエンジニアへの転身はできません。ただ、UI/UXデザイナーの仕事は今すぐに無くなるような状況でもありません。計画的にフロントエンドエンジニアへの転身を進めれば、十分に時間的な余裕はあります。

UI/UXデザイナーとしての仕事にこだわりを持っている人は多いはずです。ただ、現在の世の中の需要を踏まえると、ここは気持ちを切り替えてフロントエンドエンジニアを目指した方が良いかもしれません。

まとめ

フリーランスUI/UXデザイナーについてご説明しました。基本的にはUIやUXを扱うデザイナーとなっていて、フリーランスUI/UXデザイナーはフリーランスでこれらの仕事を受け持っている人を指します。仕事内容としてはフリーランスもそうではない人も大きな差がありません。

ただ、フリーランスUI/UXデザイナーは、求められているスキルに変化があります。年収相場や案件動向は悪い状況ではありませんが、今まで以上に多くのスキルが無いと案件に参画できない状況になっているのです。UIやUXのスキル単体では活躍できない状況です。

もしこれからフリーランスUI/UXデザイナーを目指すのであれば、フロントエンドエンジニアも視野に入れたほうが良いでしょう。求められるスキルは増えてしまいますが、UIやUXに絞ったスキルよりも活躍しやすくなります。

関連記事:UIデザイナーの将来性|求められるスキルとは?


登録フォームボタン
登録フォームボタン

admin